ENGLISH

会社情報

ご挨拶

代表取締役社長新井要

株式会社トッパン・テクニカル・デザインセンターは、アナログ/ミックスドシグナルを中心としたLSI設計技術をコアコンピタンスに、お客さまのLSI開発から量産までをサポートする技術者集団です。


その原点は、凸版印刷の半導体用フォトマスク事業に付帯したCAD業務で、1972年にLSI受託設計事業を開始しました。以来、約40年の歴史と、様々なLSIの開発実績を誇ります。1989年には、トッパン・テクニカル・デザインセンターとして独立、2001年に半導体ターンキー事業をスタートさせました。


ターンキー事業では、シャトルサービスや試作から量産までのトータルなサービスを展開、お客さまに代わって最適なシリコンファウンドリーを選定し、パッケージやテストのコーディネイト、各工程の進行管理と品質保証までを行うワンストップソリューションを提供します。アナログ/ミックスドシグナルLSIの設計ノウハウを活かし、センサーIC、イメージセンサー、RF、パワーマネジメントICなどに多くの実績があります。


半導体業界が大きく構造変化するなか、使用中のLSIがディスコンになったり従来のプロセスで生産することが困難になるケースが増えてきています。
LSIの調達にお困りの際には、少量生産や部分工程でもご相談ください。


また、トッパングループの総合力を駆使して、コンサルティングからLSI設計、ボード開発、実装、生産、品質保証まで、お客さまのエレクトロニクス製品開発をトータルサポートする組み込みボードの開発も行なっています。


私たちは、お客さまの課題やニーズに最適なソリューションを提供するベストパートナーとして貢献してまいります。 今後ともご愛顧のほど、お願い申し上げます。

代表取締役社長新井要


ページの上に戻る

TOPPAN 株式会社 トッパン・テクニカル・デザインセンター

株式会社 トッパン・テクニカル・デザインセンター
〒352-0011 埼玉県新座市野火止7-21-33

© 2011 Toppan Technical Design Center Co., LTD.